中野レディースクリニック

お電話でのお問合せ
03-5390-6030

中野レディースクリニック

がん検診

Medical

がん検診

子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんがあり、最近は比較的若い年齢層にも子宮頸がんがみられるようになりました。子宮がん検診は、がんだけでなく子宮筋腫や卵巣嚢腫などの病気を発見する機会でもあるので、今まで子宮がん検診を受けたことがない人も、ぜひ一度検査を受けてみましょう。

子宮がん検診Q&A

どんなときに受ける?
性交経験が1回でもあれば、10代でも毎年受けてほしい検査です。
どんな検査?
子宮の入り口付近の子宮頸部の粘膜面に発生するがんが子宮頸がんで、性交渉で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で起こることがわかっています。子宮頸がん検診は、子宮頸部の粘膜細胞をこすり取り、顕微鏡で調べる検査で、子宮頸がんを早期に発見するための検査です。また、現在は細胞診のほか、HPV検査も行われるようになりました。
これは、自分がどの程度子宮頸がんにかかるリスクがあるかを調べる検査で、自分が子宮頸がんを引き起こしやすいハイリスクタイプのHPVウイルスを持っているかがわかります。
検査の方法は?
内診時に、子宮頸部を専用の綿棒やブラシでこすり取って細胞を採取します。採取した細胞を顕微鏡で観察して異常の有無を調べます。痛みや出血もほとんどありません。

子宮体がん

どんな人がなりやすいか?

好発年齢は40~60歳代です。肥満・不妊・未経産婦の方に多く、無排卵周期症・PCOSなどの既往のある方にも多くなるため、定期的に子宮がん検診を受けることをおすすめします。

子宮体がんの症状

初期には疼痛なし、閉経後の不正性器出血が主な症状です。
少量の出血の場合は、褐色から黄色帯下になり子宮内感染を伴うと膿性になります。がんが子宮体部を超え、骨盤内組織に広がると疼痛を伴ってきます。

診療案内